富士ゼロックスグループの取組み

産業医として勤務する医師を必要としている企業は多数ありますが、中でも富士ゼロックスは企業ホームページでも労働安全衛生等の重要性をうたっている企業です。

長時間労働になってしまいがちな社員は医師と個別面談を行い、メンタル面のコンディションを保てるような環境が整っているのです。

近年ではこうした医師の活動の重要性は一般にも認知されてきていますので、求人もますます増えていくことでしょう。

さて、そんな医師のみなさんと関わる富士ゼロックスで働く社員のみなさんの雇用状況等はどうなっているでしょうか。

富士ゼロックスグループの事業内容は、複写機・コンピューター・プリンター・FAXなどの各種情報機器の販売、システム・サービスの提供となっていて、富士ゼロックス東京株式会社だけでも、社員数は約2000名という大手企業です。
また、北海道から沖縄まで全国各地に富士ゼロックス株式会社があり、幅広いお客様への商品・サービス提供に努めています。

障害者雇用の取り組みとしては、社会的責任を全うするように多種多様にわたる障害者雇用を進めています。
また、「社会貢献活動宣言」をしていて、東京らしいよりよい地域社会を作れるように、社会貢献活動を継続的に行っている企業で、障害に関係なく誰もがいきいきと働ける社会を目指しています。
こういった素晴らしい地域社会の基では、教育や医療も発達しやすいと思われます。

富士ゼロックスグループでは、ドキュメントサービスセンターを立ち上げて、それぞれの部門で行われていたプリント・製本・紙折り・封入作業・シュレッド作業などの業務を集めて行うようにしたそうです。

時間や手間がかかる業務が多くあるようですが、障害者雇用促進と企業全体の効率アップや本来の業務を専念させるのも兼ねて、このセンター立ち上げに取り組んだのだと思います。
ここでは、障害を持つ社員が中心となって働けるように、業務に必要な設備整備と働きやすい職場を目指して日々活動運営されています。
簡易作業の集約される場ですので同じ作業がたくさんありそうです。

雇用されたメンバーが出来る作業や早さも違いますので、個性に合わせて仕事を配分してくれます。

また、朝礼で一日の仕事と役割分担の指示をしてくれますから、知的障害をお持ちの方で、些細なことで不安になってしまうような方のためにも配慮がされています。

まだ設立からは10年も経過していない新しい職場ではありますが、職員の仕事のレベルアップを積極的に行い、将来他の場所でも働けるくらいの人材育成にも力を入れています。

メンバーは10名程度と多くはありませんが、それぞれに合わせて「社会に貢献する」力を育てていけますので、比較的単調な同じ仕事を続けられる人には良いのではないでしょうか。

ジョンソンエンドジョンソンの取組み

従業員を多数抱える大規模企業であれば必ず産業医が必要になるため、医師の求人が行われています。

ジョンソンエンドジョンソンは3つの事業分野でビジネス展開をしていて、メディカルカンパニー、コンシューマーカンパニー、ビジョンケアカンパニーとなっています。

メディカルカンパニーは、外科内科をはじめとした医療機器や医療関連製品を提供していて、コンシューマーカンパニーは、ベビー用品や絆創膏、スキンケア用品などの消費者や向けの製品を製品開発・販売しています。

そして、ビジョンケアカンパニーは、コンタクトレンズ「アキュビュー」などの製品開発、販売の事業を展開しています。

このように医療関連商品を製造しているジョンソンエンドジョンソンでは、産業医としての医師の求人も行っています。

「我が信条」というジョンソンエンドジョンソンの活動の源である考え方を、ジョンソンエンドジョンソンで働く全ての人たちに伝えていることで、障害者雇用についても力を入れています。

信条の中には、「社員ひとりひとりが個人として尊重され、その尊厳と価値が認められなければならない」とされていて、障害者雇用の促進をすることで、信条を実践しているのです。

障害を持つ社員が約20名となっていて、様々な部門、職種で活躍されています。

こちらの会社も配慮はしますが特別扱いはしないというスタンスです。

必要な配慮については、フレックスタイム制度や通院のための勤務日程や時間の調整などもできますし、仕事に専念できるようにしっかりとした職場環境や制度が整っています。
社員に「我が信条」の精神がしっかりと浸透していますから、個人がそれぞれに合わせて仕事をしていくというスタイルの職場環境は、障害を持つ人に働きやすいのではないでしょうか。

そして、充実した配慮と共に、健常者の社員と変わらず責任感を持って仕事をする必要がありますし、自分から仕事が出来る意欲のある人を求めていますので、受身の姿勢ばかりの人には難しい職場のようです。

しかし、障害の内容に合わせて、積極的に様々なポジションで働くことが出来ますから、自分のキャリアアップにもなりますよね。

雇用実績としては、事務職がメインとなっていますが、PCスキルを求められたりもしますし、新たな部署へトライすることも可能です。
もちろん、障害の内容によってパソコンを使うことが難しい場合は、障害の内容にあった職種を担当できます。
研修なども行っていて、必要なスキルを仕事しながら身につけることもできますので、自分を高められる熱い企業であると言えそうです。

こうした取り組みを行っている企業だからこそ、医師の需要も今後も高まっていくと言えそうです。

日産の取組み

日産も産業医としての医師の求人を行っている企業の一つです。
ここでは日産の障害者雇用に対する姿勢から、医師のニーズや役割について見てみたいと思います。

日産は日本を代表する自動車メーカーのひとつです。

継続的な販売不振から、1999年にフランス自動車メーカーのルノーと資本契約を結び、傘下に入ってカルロス・ゴーン社長が指揮をとって、見事に企業再生に成功したのも記憶に新しいのではないでしょうか。

事業内容としては、「NISSAN」と「INFINITI」の自動車事業とフォークリフト事業、マリーン事業を展開しています。

続きを読む “日産の取組み”

グーグルの取組み

グーグルのような有名な大企業になると、産業医として働きたいと求人情報を探している医師の方もたくさんいらっしゃいます。

とくにグーグルは福利厚生も充実しており、その分医師等メディアスタッフの需要も高いと言われています。

また、こうした手厚いサポートもあり、グーグルでは障害者の雇用に対する取り組みも進んでいると言えそうです。

続きを読む “グーグルの取組み”

東京ガスグループの取組み

東京ガスは、産業医だけでなく看護師や管理栄養士、薬剤師等さまざまな専門スタッフによるチームで従業員のみなさんを支えています。
こうした企業の医師の求人は病院の場合とは異なり理想の求人を探すのにもコツがいると言われています。
特に企業の求人に強い医師専門の求人サイトも多数ありますので、気になる方は是非検索してみると良いでしょう。

それでは、障がいを持つ方等の雇用に関してはどのような取り組みが行われているのでしょうか?

続きを読む “東京ガスグループの取組み”

医師・障害者にとって首都圏での就職は有利?

病院以外の企業等で医師の求人が出されるのは、はやり東京を中心とした地域が目立つため、首都圏での求人探しは比較的他地域よりスムーズなのではないでしょうか。
首都圏では医師を必要としている企業も多いですから、医師求人サイトや転職サイト等をしっかりと検索し、あなたにピッタリの職場を是非見つけて下さい。

こうした傾向は医師だけでなく、企業で働きたい障害者にもあてはまります。
東京都では、障害者雇用支援助成金や東京都障害者雇用優良企業登録事業をはじめ、障害者雇用に対して様々な活動をしているのです。
全国の中でも積極的に活動を進めていることから、東京での仕事探しがしやすい状態であるとも言えます。
教育や医療にも他の県よりも力を入れて取り組んでいます。

続きを読む “医師・障害者にとって首都圏での就職は有利?”

東京都の中小企業の取り組み

企業で働きたい医師のみなさんの中には、大規模企業でなく、中小企業で働きたいとお考えの方もいらっしゃることでしょう。
もちろん、中小企業でも医師の求人はあります。
企業のホームページや医師求人サイト等を利用して是非理想の職場を見つけて下さい。

一方で、特に医師の力を必要としている方が多くいらっしゃるだろう障害者に対して、東京の中小企業では雇用についてどのような取り組みを行っているのでしょうか。

続きを読む “東京都の中小企業の取り組み”

企業の医師求人と東京都の障害者雇用の取り組み

病院以外の企業等で医師の求人が出されるのは、はやり東京を中心とした地域が目立つため、首都圏での求人探しは比較的他地域よりスムーズなのではないでしょうか。
首都圏では医師を必要としている企業も多いですから、医師求人サイトや転職サイト等をしっかりと検索し、あなたにピッタリの職場を是非見つけて下さい。

こうした傾向は医師だけでなく、企業で働きたい障害者にもあてはまります。

続きを読む “企業の医師求人と東京都の障害者雇用の取り組み”