税理士の求人は大変!会社設立の際は慎重に!

税理士を目指して資格の勉強をしていたのですが、税法を1科目合格した時点で就職活動を始めました。
最初求人等を探して新聞や職安をあたっていたのですが、何分求人数が少なくまた、給料が基本給が8万とか10万と安く資格手当てなどでやっと20万になるかという安さに驚かされました。
食べていく事を考えるとちょっと不安を感じるものでした。
しかし、当時実家からの出勤で食事の心配もなかったので仕事を覚えさせてもらうという気持ちで面接に望みました。
税理士事務所の仕事をほんとに少なく知り合いには、100以上うけてすべてだめだったという人もいました。
私もずいぶんあたりました。
やっと縁があり就職がかないました。

税理士の仕事は会社設立の際に契約してそのままというところが多いので、なかなか厳しいです。
仕事自体も信頼関係が大事ですので長期の関係作りが大切です。
就職した立場からのアドバイスですが、会社設立の際の税務事務所は慎重に選んだほうがいいですよ!

厳しい税理士の世界

自分自身がかなり妥協し仕事をさせてもらうという気持ちがないとかなり厳しい世界だという事を仕事について分かりました。
年金や保険などもかなり大きい会計事務所でないと付けてもらうことは難しく普通のサラリーマンの感覚でいると大違いです。
自分で退職した後のことや年金、健康保険など払っていかなければならないのでその事も考えて給料なども考えなくてはなりません。
一生そこで勤めるなんてことを考えてはだめで自分が税理士になって事務所を構えるつもりで就職しないといけないと思いました。