中学受験をするということ

東京や神奈川県、大阪などの都心に住んでいる場合、それほど学力がたかくなくても中学受験をするケースというのは少なくないようです。
これは都心の教育熱心な親が影響しているのではなく、周りが受験するので自分も、といった子供から望むケースも多いといいます。

しかし、そんな子は塾での一斉に教える指導だとわからずにおいて行かれるケースもあるようです。
そんな神奈川の中学受験におすすめなのが家庭教師です。

家庭教師ならば自部のペースで教えてもらえるので理解が深まります。
また費用も小学生の家庭教師なのでそれほど高額でない場合が多いようです。

そのほかにも個別指導塾なども検討する余地があるでしょう。

いずれにしても自分にあった勉強方法を見つけることが受験の近道です。

口コミどおり!エマルジョンリムーバー生活はじめました

美容系サイトの口コミでも高評判のエマルジョンリムーバー
もう皆さんは使われているでしょうか。

売れ行きも好調なんだそうで、どんなもんかと思い私も一本購入してみました。
使い方は簡単で、まずはいつもどおりに洗顔をします。

続きを読む “口コミどおり!エマルジョンリムーバー生活はじめました”

コスプレ衣装は手作りしています

コスプレ趣味をはじめてから、もう数年が経ちます。
披露するのはイベントがメインですが、ときどきコスプレ趣味の仲間と一緒に撮影会をしたりもしています。
最近はSNSなどのネットを通じて、コスプレが好きな人との交流も頻繁に行えるようになってとても楽しいです。

コスプレに大切な衣装は、基本的にすべて手作りしています。
コスプレ衣装を通販で買うこともできますが、なるべくなら手作りしたいと思っています。

続きを読む “コスプレ衣装は手作りしています”

自由が丘に多い金買取ショップ 金には種類があるらしい

自由が丘って金を買取してるところが多いんですよ。
「金なんて誰が持っているんだ?」と正直思ってはいるんですが、どうにも気になってこの金の買取について調べてみてしまいました。
参考:自由が丘の金買取店

金には純度によっていくつかの種類があるんだそうです。
18金なんていうのは有名ですよね、これは比較的純度が高く加工がしやすいためにアクセサリーなどによく使われるようです。

続きを読む “自由が丘に多い金買取ショップ 金には種類があるらしい”

地元で会社を設立しました!

生まれ育った高知の地元や地域に少しでも貢献したいと言う思いがあり、地元の友人達と設立を何年会社設立も前から検討していました。
各自が仕事をしながら資金の調達を数年にかけ行い資本金や頭金等に使用する資金がある程度揃ったことをきっかけに会社設立をしようと考えました。
お世話になった地元の皆さんに少しでも豊かな暮らしをしてもらいたい雇用が増えれば地元がもっと活性化されると言う思いがあり少しでも雇用を増やすため会社設立をしようと思いました。

代行会社に頼んだ会社設立

費用は60万程かかりました。
形態は株式会社です。

会社設立をする前から約15名で会社設立をしていたため雇用をすれば人数がさらに増え将来的には大規模事業に展開をしていきたいと言う思いがありましたので、当初から株式会社として設立しました。
サービス業兼運送業です。

起業のメリット

軌道に乗るまでは不安や、低所得が続くと思います。
もしうまくいかなかったりと言う不安な思いというものがあり会社設立時にはその思いがデメリットと感じています。会社設立をして地元に貢献できて周りの人々からよかったねありがとう、と言われるようになり自分の生まれ育った地元の子供たちが将来自分の会社に入り活躍してくれるといったことを期待でき子供たちの将来の働ける場所の提供ができたと言うことが会社を設立した人にしか味わえないメリットだと感じています。

税理士の求人は大変!会社設立の際は慎重に!

税理士を目指して資格の勉強をしていたのですが、税法を1科目合格した時点で就職活動を始めました。
最初求人等を探して新聞や職安をあたっていたのですが、何分求人数が少なくまた、給料が基本給が8万とか10万と安く資格手当てなどでやっと20万になるかという安さに驚かされました。
食べていく事を考えるとちょっと不安を感じるものでした。
しかし、当時実家からの出勤で食事の心配もなかったので仕事を覚えさせてもらうという気持ちで面接に望みました。
税理士事務所の仕事をほんとに少なく知り合いには、100以上うけてすべてだめだったという人もいました。
私もずいぶんあたりました。
やっと縁があり就職がかないました。

税理士の仕事は会社設立の際に契約してそのままというところが多いので、なかなか厳しいです。
仕事自体も信頼関係が大事ですので長期の関係作りが大切です。
就職した立場からのアドバイスですが、会社設立の際の税務事務所は慎重に選んだほうがいいですよ!
続きを読む “税理士の求人は大変!会社設立の際は慎重に!”

医師の求人と東京都中小企業障害者雇用支援助成金

中小企業の求人情報をお探しの医師のみなさんにとって、そうした企業での障害者の雇用への取り組みについては気になる情報ではありませんか?

障がいを持つ方の雇用に関して、「東京都中小企業障害者雇用支援助成金」という制度ががあります。

東京都中小企業障害者雇用支援助成金とは、障害者の雇用が広まっていない中小企業に対して、雇用拡大と職場安定を促進させるために設けられた助成制度です。

障害者の離職率が高いのが、就職してから3年の間とされていて、これを改善するために特定求職者雇用開発助成金が支給満了になったあとも、引き続き障害者雇用をしている中小企業に対して東京都が賃金助成を行うものです。

また、相談員が巡回訪問することによって、雇用の継続ができるようにバックアップしていきます。

就職した後から気づく、環境設備や業務内容の問題、人間関係の悩みなどにも、一人で抱え込むことがないように相談員が訪問しているのです。

助成を受けるに当たっていくつかの条件がある上に、障害の内容によっても助成内容が変わってきます。

条件としては、障害者を雇用している企業で、特開金の支給が平成20年3月31日~平成25年3月30日までに支給対象期間が満了になった後、引き続き雇用を続ける事業主であること。

特例子会社を除いた中小企業であること。
障害者の就労場所が東京都内であること。
障害者の雇用管理を適性なものにするために、相談員の巡回訪問や相談を受けること。
この条件を満たす企業が、東京都中小企業障害者雇用支援助成金を受けることができるのです。

重度身体障害者、重度知的障害者、身体障害者のうち45歳以上の方、知的障害者のうち45歳以上の方、精神障害者に該当する場合は、一人当たり月額3万円が支給されます。

また、これに該当しない障害者は月額1万5千円となっていて、6ヵ月ごとまとめて支給されていて、支給対象期間は最長2年間となっています。

障害者雇用を経験したことがない企業にとっても、障害者を受け入れることは未知の世界であり、きれいごとだけでは片付けられません。
障害者を雇用するために、企業に対して、教育を行ったり、保険を充実させる等、医療の面でも考える事はたくさんありそうです。

実際に雇用してから、お互いに気づくことや理解しがたい部分もあるかと思います。

それを相談員の巡回相談など利用しながら、お互いに理解を深めていけば、よりよい職場環境を作っていくことが出来ますので、東京都中小企業障害者雇用支援助成金を上手く活用していければよいでしょう。

今後、ますますいろいろな人が仕事をして、医師であるみなさんと関わっていく機会も増えることが予想されます。

是非、求人情報とともにこうした雇用に関する話題などにも積極的に触れていっていただければと思います。

医師の求人と重度障害者雇用モデル企業

企業の中で医師として働きたいとお考えのみなさんは、企業で働く従業員の方の雇用についてどのくらいご存知でしょうか。

医師が関わるのは長時間労働等で不調を訴える、あるいはその危険性のある従業員等が主ですが、近年進む障害者雇用の取り組みもあり、障がいを持った方との関わりも増えていくと予想されます。

今回は、「重度障害者雇用モデル企業」についてご紹介致します。

重度障害者雇用モデル企業とは、いったいどんなものなのでしょうか?

重度障害者が十分に自分の能力を発揮できるように、「第三セクター方式の重度障害者雇用モデル企業」の育成事業を、民間が入ることで経営を維持させながら行っていくもので、障害者
の雇用機会を拡大させつつ、特例子会社制度の普及啓発をすすめています。

東京都ビジネスサービス株式会社、東京グリーンシステムズ株式会社、東京都プリプレス・トッパン株式会社がモデル企業として「TOKYOはたらくネット」にも掲載されています。

東京都ビジネスサービス株式会社は、東京都と株式会社システナの第三セクター企業です。
障害者の為の安定した雇用の為に、様々な形態の仕事を行っています。
データエントリー、大量出力、データベース顧客管理、メール発送代行、事務局代行、電子スキャン、インターネットコンテンツ開発、マーケティング・調査・分析・人材サービスなどの事業に着手しています。

本人の適性と能力を判断してから、一般事務や電話対応・事務局代行などの業務内容を決めていきますので、本人に合った仕事が無理せず出来ることは、どんな障害を持っている人でも働く可能性が出てくる理想的な会社と言えそうです。

東京グリーンシステムズ株式会社は、清掃サービス、庭園管理サービス、アグリサービス、オフィスサービス、ショップサービス、レストランサービス、ギフトサービスなどの事業を展開しています。

人と触れ合うお仕事から庭園や畑の管理などのお仕事まで、非常に幅広いジャンルを扱っています。
特に農業に関しての作業は様々ですので、障害内容に合わせて仕事を選んでいけるのではないでしょうか。

また、自分たちで作った野菜を売ることで、「自ら稼ぐ」意思を持って自立した社会人としての感動を肌で感じることができると言うのも、この企業の魅力のひとつと言えるでしょう。

こちらのモデル企業たちを参考にして、他の企業ももっと障害者雇用はもちろん、医療や教育といった面に対して、投資など積極的に行って欲しいと思います。

富士ゼロックスグループの取組み

産業医として勤務する医師を必要としている企業は多数ありますが、中でも富士ゼロックスは企業ホームページでも労働安全衛生等の重要性をうたっている企業です。

長時間労働になってしまいがちな社員は医師と個別面談を行い、メンタル面のコンディションを保てるような環境が整っているのです。

近年ではこうした医師の活動の重要性は一般にも認知されてきていますので、求人もますます増えていくことでしょう。

さて、そんな医師のみなさんと関わる富士ゼロックスで働く社員のみなさんの雇用状況等はどうなっているでしょうか。

富士ゼロックスグループの事業内容は、複写機・コンピューター・プリンター・FAXなどの各種情報機器の販売、システム・サービスの提供となっていて、富士ゼロックス東京株式会社だけでも、社員数は約2000名という大手企業です。
また、北海道から沖縄まで全国各地に富士ゼロックス株式会社があり、幅広いお客様への商品・サービス提供に努めています。

障害者雇用の取り組みとしては、社会的責任を全うするように多種多様にわたる障害者雇用を進めています。
また、「社会貢献活動宣言」をしていて、東京らしいよりよい地域社会を作れるように、社会貢献活動を継続的に行っている企業で、障害に関係なく誰もがいきいきと働ける社会を目指しています。
こういった素晴らしい地域社会の基では、教育や医療も発達しやすいと思われます。

富士ゼロックスグループでは、ドキュメントサービスセンターを立ち上げて、それぞれの部門で行われていたプリント・製本・紙折り・封入作業・シュレッド作業などの業務を集めて行うようにしたそうです。

時間や手間がかかる業務が多くあるようですが、障害者雇用促進と企業全体の効率アップや本来の業務を専念させるのも兼ねて、このセンター立ち上げに取り組んだのだと思います。
ここでは、障害を持つ社員が中心となって働けるように、業務に必要な設備整備と働きやすい職場を目指して日々活動運営されています。
簡易作業の集約される場ですので同じ作業がたくさんありそうです。

雇用されたメンバーが出来る作業や早さも違いますので、個性に合わせて仕事を配分してくれます。

また、朝礼で一日の仕事と役割分担の指示をしてくれますから、知的障害をお持ちの方で、些細なことで不安になってしまうような方のためにも配慮がされています。

まだ設立からは10年も経過していない新しい職場ではありますが、職員の仕事のレベルアップを積極的に行い、将来他の場所でも働けるくらいの人材育成にも力を入れています。

メンバーは10名程度と多くはありませんが、それぞれに合わせて「社会に貢献する」力を育てていけますので、比較的単調な同じ仕事を続けられる人には良いのではないでしょうか。